レンタルの利用

黒いブーツ

結婚式は誰しも一生に一度だけのイベントです。ウェディングドレスを着用する機会は何度もありませんので、現在ではレンタルで用意するご夫婦が殆どです。結婚式を挙げるご夫婦の約80パーセントがレンタルしている現状があります。 ウェディングドレスをレンタルで用意するメリットと言えば、まず第一に価格の安さが挙げられます。新品で購入した場合手が届かないブランドも、レンタルであれば気軽に借りる事ができるのです。 近年のご夫婦がレンタルウェディングドレスにかける費用は、20万円以上25万円未満が一般的です。 ちなみに最近はより一層安価な商品も開発されており、10万円以下で借りられるウェディングドレスも珍しくありません。

ウェディングドレスはローマ帝国時代から生み出されたフォーマルウェアです。元々貴族の女性が着用するものでしたから、全てオーダーメイドが一般的でした。 ウェディングドレスの素材はシルクですが、シルクは高級素材です。身分の高い方々の衣装だからこそ、使用する事ができました。 こうしたフォーマルウェアが日本に渡ってきたのは戦後の事です。 広く大衆に一般化するためには、西洋式のチャペルが普及しなければなりませんから、高度経済成長期以降ブームを迎えました。 近年では西洋式の教会でウェディングドレスを着用して挙式する花嫁が、全体の約8割ほどに昇ると言われています。 またウェディングドレスはレンタルで準備するのが一般的です。 レンタルは購入するより安価ですから、お色直し用のウェディングドレスも合わせて借りられる魅力があります。